ソーシャルレンディング比較 投資金で比較 利回りで比較
ソーシャルレンディング比較
»ホーム »ソーシャルレンディング会社を比較する上で投資額は低いと高いとではどっちが良い?

ソーシャルレンディング会社を比較する上で投資額は低いと高いとではどっちが良い?

みんなのクレジットは後日金融庁より行政処分を受ける予定です。その他結果が出るまでは投資しないことをお勧めします。当サイトでは行政処分の内容が解り、安全性が確認できるまでみんなのクレジットへのリンクは削除致します。

ソーシャルレンディング会社を比較する上で投資額は低いと高いとではどっちが良い?

ソーシャルレンディングに興味を持ち、ソーシャルレンディングを始める上で、今現在、会社選びに迷っている方へ、もし、あなたが現在、各会社の投資額を比較し、その違いについて、悩まれているのであれば、是非、今回、レポートした内容を参考してみてはいかがでしょうか?

ソーシャルレンディング会社を比較していると、各会社毎で、最低投資額の設定に違いがある事が分かります。最初に会社選びをする上で、この投資額に関して、低い方がよいのか、高い方がよいのか、迷われる方が多くいるので、今回、その違いについて調べました。
各ソーシャルレンディング会社の投資額だけで比較した内容を簡単にまとめると、下記の表の通りになりますので、まずは、そちらの表を参考にしてみて下さい。

ソーシャルレンディング会社の最低投資額を簡単に比較しよう

みんなのクレジット最低投資額10万円
ラッキーバンク最低投資額1万円
クラウドクレジット最低投資額5万円
スマートエクエイティ最低投資額10万円
トラストレンディング最低投資額10万円
SBIソーシャルレンディング最低投資額1万円
クラウドバンク最低投資額1万円
オーナーズブック最低投資額1万円

ソーシャルレンディング会社毎では、上記の表の様に、最低投資額の設定を比較すると確かに、違いが大きく分かれてきます。この比較結果を元に、最低投資額が低いサービスのメリットと、最低投資額が高いサービスのメリットについてお話していきましょう

ソーシャルレンディングで最低投資額が低い事のメリット

ソーシャルレンディングで最低投資額が低い事のメリット

ソーシャルレンディング会社で、最低投資額が、1万円からとなっていて、比較的、その他の会社と比較しても、低い投資金から投資が出来る事へのメリットは、きっと、ソーシャルレンディング初心者の方が、始めやすい環境作りが整っている事にあると思います。
ソーシャルレンディングを初めて利用する方であれば、いきなり最初の投資で、10万円単位の投資は少し不安があると思います。しかし、そこを1万円という設定にしておくことで、初心者の方も安心して投資ができる。

そういった、ソーシャルレンディング初心者を狙ったマーケティングを強化している会社という予想もつきますし、逆に初心者でも楽しめる、サービス環境がしっかりと整っているというメリットを感じる事ができますね。

ソーシャルレンディングで最低投資額が高い事のメリット

ソーシャルレンディングで最低投資額が高い事のメリット

ソーシャルレンディングで、最低投資額の設定が、10万円以上と、少し高い設定の会社に関しては、完全にターゲティングは経験者となるでしょう。ソーシャルレンディング経験者の方は、ある程度の利益率を求める方が多く存在しているので、やはり、そういった投資家の方々を集める以上、それだけの案件を提供しないと投資家も離れていきます。
なので、最低投資額の高い会社に関しては、ファンド案件の質も、なにかしら良い案件が揃っている様に思えます。

利益が見込める信頼高きファンド案件だからこそ、最低投資金のハードルを上げて、企業側に早い段階で貸付が出来るシステムを組んでいるのでは無いかとも思えますし、何よりも、投資家の方がしっかりと利益を上げていける環境作りが出来ているという点が一番のメリットなのではないでしょうか?

»ソーシャルレンディング比較ページに戻る