ソーシャルレンディング比較 投資金で比較 利回りで比較
ソーシャルレンディング比較
»ホーム »ラッキーバンクの最近の状況はどうなっているの?

ラッキーバンクの最近の状況はどうなっているの?

ラッキーバンクの最近の状況はどうなっているの?

ラッキーバンクは近年海外で人気があるソーシャルレンディングサービスを提供しています。その中でも、ラッキーバンクは2014年に設立された企業であり、日本におけるパイオニアといっても良いでしょう。そのラッキーバンクの最近の状況がどうなっているのかを調べてみました。

そのラッキーバンクなのですが、名前のせいかは分かりませんがどうも投資初心者の方からは「あやしい」と思われているようです。もちろん名前だけの問題ではなく、高配当性などに関しても「そんな美味しい話があるはずがない」といった先入観の影響もあるかもしれません。

また、ソーシャルレンディング自体が一般にはまだ普及していないということも大きく影響していることでしょう。ソーシャルレンディングというサービスに普及に伴い、業界最大手とも入れるラッキーバンク。
ラッキーバンクでこれから、投資をしようか迷っているがネット上での口コミによる評価や評判も気になる、という方は参考にしていただければと思います。

ラッキーバンクで本当に収益は得られて資産は安全なの?詐欺の危険性は?

ラッキーバンクで本当に収益は得られて資産は安全なの?

「ラッキーバンクを利用して、本当に広告しているような高い収益は得られるのでしょうか?」「資産の元本の安全性はどうなっているの?」、さらには、「巨額詐欺の疑いがあるのでは?」といった不安を感じていることが伝わってくるような質問をいただくことがあります。

この不安は正しいものなのか、それとも情報不足によるものなのか、それはラッキーバンクの最近の状況をみれば分かることでもありますよね。ということで、ラッキーバンクの現在について確認していきましょう。
ラッキーバンクは、ソーシャルレンディングサービスの中でも、不動産投資専門の案件に絞って運用をしています。その不動産投資は地価の高い首都圏であり、東京、神奈川、埼玉、千葉といったところ。

会社の設立は2014年の5月で、公式にソーシャルレンディングサービスの提供を開始したのは同年12月となっています。資本金は1億5千万円で、金融庁の認可を得ており、日本貸金業協会にも正式に登録されているので、このあたりの信頼性は万全です。では、実際に提供しているサービスはどうなっているでしょうか?こちらの方が肝心ですよね?

ラッキーバンクの運営状況は好評価

ラッキーバンクの運営状況は好評価

ラッキーバンクの運営状況は現在のところ良い評価を受けています。
ラッキーバンクでは、既にこれまでのソーシャルレンディングで投資された金額は累計で50億円を超えています。むしろ人気がありすぎて募集案件(投資案件)がすぐに埋まってしまい、利率の良いものをなかなか選べないほど。

どうしてラッキーバンクはこのように人気があるのでしょうか?利用者が多くなければこのような状況にはなりませんよね。その最大の理由はやはり投資利回りの良さです。ラッキーバンクの投資案件は現在6~10%ほどが中心となっていて、銀行の預金などと比べると破格の好条件。さらに、投資金額が最低1万円から(投資案件によっては3万円、6万円などと設定はされていますが)できるということも、挙げられるでしょう。

やはり最初から大金を投入する決心はできなくても、少額で信頼性を確かめてみるというのは大切なことです。実際にラッキーバンク利用者のうち、100万円未満で投資を行っている人が全体の4割を占めています。逆に、500万円以上を投資している人も15%ほど存在します。

また、利回りの良さや少額から開始できる投資だというだけではなく、やはり資金の安全性こそが最も重要な条件でしょう。その点でもラッキーバンクの評価は高くなっています。それは、全ての投資案件に不動産の担保が存在することです。

ソーシャルレンディング会社・ラッキーバンク
ラッキーバンク
ラッキーバンクの魅力

ラッキーバンクは投資金1万円から始められるサービス
不動産担保を完備しており安心安全
調達金額50億円以上の最大手

ソーシャルレンディング会社ラッキーバンクは投資家からの調達金額が50億円を突破し、今ノリにノッている会社とも言えます。投資金も1万円から投資できるファンド案件の多いソーシャルレンディングサービスで、担保保障もバッチリ。これから始める初心者の方は是非、ラッキーバンクの口座を持ちましょう

口座開設口座開設期間投資額手数料
無料3~5営業日以内10,000円~0円
ラッキーバンクの詳細細

ソーシャルレンディングは貸し倒れの危険性もある

ソーシャルレンディングでは、銀行への預金とは違い、投資であるため貸し倒れの可能性は存在します。それは他の株式投資や投資信託等でも同じですよね。元本がリスクにさらされます。ですが、ラッキーバンクの投資案件には全案件不動産担保が設定されているので、万が一の場合でもリスクを最小限にすることができます。

株式投資などですと、倒産や破産等によって株券が紙くずになってしまう(厳密には電子化されているのでそうはなりませんが)可能性があり、その際には投資資金は全損をほぼ免れないものです。投資信託でも運用の失敗によって数十%の損失が出ているものもあります。

このように高い投資効率と安全性が信頼に繋がって、現在のラッキーバンクの良い評価と評判に繋がっているのです。もちろん、投資した人に利益が実益としてもたらされていることはいうまでもありません。

銀行にお金を眠らせていると損!投資で利益を上げつつ資産を守れるラッキーバンク

現在、銀行にお金を眠らせていると損になる可能性が非常に大きいです。それは何故かというと、銀行の利率が低いからというだけではありません。まず、銀行は安全なようでいて、実は守られているのは資産の一部でしかありません。

もちろん日本の銀行が破綻することは非常に稀ですが、万が一の場合に法律で保護されるのは上限1000万円までです。つまり銀行預金には元本の担保が1000万円までしかないということがいえるでしょう。
それだけではありません。現在、日銀は円安誘導のために各種金融緩和を行っています。円安になると銀行に眠っているお金の額は変わらなくても、実質の評価は下がっていきます。分かりやすく説明すると、1ドル100円の時であればアメリカの1ドルのジュースを100円で飲むことができますが、円安が進んで1ドル=200円になった場合にはジュースを飲むのに200円が必要になります。
つまり、このケースですと銀行に眠っているお金は世界基準で半分になることに等しいのです。

それに対して、ラッキーバンクの投資案件はどうでしょうか?もちろん、円建てですので影響は免れませんが、不動産の価値は円の価値とはまた異なる評価となりますので、利率に関しても影響がないどころか、より高い利率になる可能性があります。

こういった現在の状況を考慮し、さらに現状のラッキーバンクの人気や信頼性を合わせて考えてみると、銀行にお金を置いておくのは損であり、ラッキーバンクでの運用を行った方がより総合的な利益を得られる可能性が比較的高いということは間違いないといえるでしょう。

ソーシャルレンディング業者を他にも見に行こう

ソーシャルレンディング厳選比較結果はコチラ
ソーシャルレンディング会社・クラウドクレジット
クラウドクレジット
クラウドクレジットの魅力

海外特化型で珍しい投資案件が豊富
海外の経済成長に合わせて運用を行う事が可能
各投資案件での利回りが非常に高い

ソーシャルレンディング会社クラウドクレジットは、少し特殊なソーシャルレンディングサービスで、海外案件に特化した会社となります。なので、日本企業ではなく、海外のローン事業などに投資できるサービスで、クラウドクレジットの人気は高いです。しかも、利回り14%以上と業界トップなので、その点も人気の秘訣

口座開設口座開設期間投資額手数料
無料3~5営業日以内10,000円~0円
クラウドクレジットの詳細細
ソーシャルレンディング会社・maneo
maneo
maneoの魅力

業界シェア率No1
案件数が豊富で投資しやすい
平均利回りも5%からと高め

ソーシャルレンディング会社maneoは業界シェア率No1となっており信頼も実績も非常に高い会社となっています。豊富な案件と高い利回りで投資家からの評判も上々ですのでソーシャルレンディング会社選びに迷われたらmaneoをお選び下さい。初心者にもおすすめの投資会社です。

口座開設口座開設期間投資額手数料
無料1~2営業日以内10,000円~0円
maneoの詳細細
ソーシャルレンディング会社・クラウドバンク
クラウドバンク
クラウドバンクの魅力

投資金1万円から利用でき初心者も安心
毎月配当金が分配される案件が多い
平均利回りも5%からと高め

ソーシャルレンディング会社クラウドバンクもまた、ソーシャルレンディングサービスの中で、低予算で投資を楽しむ事が出来る会社となります。ソーシャルレンディング初心者の方が安心して利用できる会社として、管理人おすすめの会社として紹介させて頂きます。

口座開設口座開設期間投資額手数料
無料3~5営業日以内10,000円~0円
クラウドバンクの詳細細